あさイチで紹介「今どきの学習マンガ」はこちら ≫

30代〜40代のプログラミング未経験者がエンジニアになる方法

30代〜40代のプログラミング未経験者がエンジニアになる方法Web
スポンサーリンク

こんにちは、タシゲンです。

ボクはプログラミング 未経験からフリーランスを目指してプログラミング を勉強中です。

20代〜30代前半までは、未経験でもある程度のスキルが身につけば、就・転職は容易だと思います。
しかし、30代後半〜40代になってくると一転して難しくなります。

この記事は30代後半〜40代のプログラミング 未経験者がエンジニアになる方法を考えてみたので、まとめてみました。

スポンサーリンク

30代後半〜40代の未経験者がエンジニア正社員になるのはムリゲーです

30代後半〜40代の未経験者がエンジニア正社員になるのはムリゲーです

30代後半〜40代の未経験者がエンジニア正社員になるのは、ほとんど無理です。

ネットでは、30代後半〜40代の未経験者でも大丈夫と言われているサイトもありますが、そのほとんどがプログラミングスクールのアフィリエイト目的です。ご用心を!

一般的にIT業界は社員の平均年齢が若いですし、企業が採用したいと思うのは、若いポテンシャルがある20代〜30代前半までです。
中途採用では、これまでの経験とスキルが評価されます。

30代後半〜40代では経験者でないと、エンジニアになるのはかなり難しいです。
正直言って、30代後半〜40代未経験でエンジニアに転職するのは無理。
控えめに言って、諦めた方が良いです。

でも諦めたくない!エンジニアになりたい!

そう思われる方にも希望があります。

30代後半〜40代未経験でもエンジニアになる方法があります

30代後半〜40代未経験でもエンジニアになる方法があります

企業に所属しないフリーランスであればエンジニアになれます。

ボクが考えている30代後半〜40代のプラグラミング未経験でもエンジニアになるプランは下記です。

ボクはサラリーマン時代は広告デザインの仕事をしていましたが、人間関係の悩みでうつになり退職しました。

プログラミグを独学で学び、ランサーズなどのクラウドソーシングで仕事を取り始めます。

最初は低単価のコーディング作業を請け負ってましたが、徐々に実績もでき、今ではフリーランスとして起業できました。

ここまでボクの未来予想図です。
でも、この方法でエンジニアになるのが一番の近道だと思います。

クラウドソーシングで実績を積み上げていくことで、フリーランスとして起業でき、ホームページや営業などで仕事も取れやすくなり、収入も安定していきます。

30代後半〜40代未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法

30代後半〜40代未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法

それではどうすれば30代後半〜40代未経験からフリーランスエンジニアになれるのでしょうか。

まずはクラウドソーシングで案件を見てみましょう。

ランサーズ

ランサーズに登録する方法

ランサーズとは、日本最大級のクラウドソーシングを提供するサービス(仕事依頼サイト)です。

クラウドソーシングとは、インターネットを使った「仕事を依頼したい人」「仕事を受注したい人」が出会えるマッチング(仲介)サービスのことです。

ランサーズは、仕事の種類も数も多く、登録から仕事の依頼・受注は無料で行うことができます。
また、自分の経歴や検索履歴などからオススメの仕事のマッチングもしてくれますし、ランサー(仕事を受注したい人)のためのサポートも充実しています。

ランサーズの案件を見てみると、

このようにWebサイト制作の案件が50,000円〜多数あります。

▼下記記事でランサーズの登録方法を分かりやすく解説しています。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは上場している日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークス案件

このようにクラウドワークスでもWebサイト制作の案件が50,000円〜多数あります。

これらの案件で求められているスキルが、「HTML、CSS、jQuery、PHP、WordPress」のフロンエンド(Webサイト制作)言語です。

求められるプログラミングスキルを学ぶ

案件をくまなくチェックしたらプログラミング を学んでいきましょう。

学習サイトで学ぶ

プログラミング学習を独学で始める場合、初心者にもわかりやすいプログラミング学習サイトから始めましょう。

特にProgateとドットインストールがおすすめです。

今のネット社会では、ほとんど無料でプログラミング を学ぶことができます

▼この点は、下記の記事で説明しています。ご覧ください。

参考書を使って知識を補強する

学習サイトだけでも効率的にプログラミング学習はできます。
でも参考書にはより細かい知識やスキルが載っており、知識を補強することが可能。

学習サイトと併用して学習することをオススメします。

▼オススメ参考書

Webサイト制作の勉強のスタートには最適な初心者にもやさしい参考書です。
Webサイトの仕組みや作り方から、デザインの基礎について、また最新技術のFlexboxやCSSグリッドについてまで、分かりやすく書かれています。

実際に手を動かしてWebサイトを作ってみる

学習サイトや参考書で学習し、ある程度は知識がついたなと感じたら、実際に手を動かしてコードを書いていきましょう。

自分なりに簡単なWebサイトを作ってみる。

手を動かしてみると、できる技術とできない技術が分かり、自分で調べて、自分で考ることが技術向上につがります。

最後に勇気の出る記事をご紹介

どうですか?やる気が出てきたことと思います。

年齢で自分の可能性を縮める必要はありません。
今からでも遅くありません。

勇気をもって、最初の一歩を踏み出しましましょう。

まとめ

まとめー未来は明るい

ということで、30代後半〜40代のプログラミング 未経験者がエンジニアになる方法を考えてみました。

30代後半〜40代のプログラミング 未経験者がエンジニアになるのは難しいのが事実です。
それでも前に進むしかありません。

30代後半〜40代でも、プログラミングを学ベば人生はきっと変わります。
行動して一歩踏み出せば、未来は明るいですよ。

タシゲンくん
タシゲンくん

一緒にがんばりましょう!

▼無料でプログラミングを学びたい方はこちらをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました