あさイチで紹介「今どきの学習マンガ」はこちら ≫

あなたもできる!貯金ゼロから1年で100万円の貯金に成功した4つのコツ

あなたもできる!貯金ゼロから1年で100万円の貯金に成功した4つのコツ節約
スポンサーリンク

こんにちは、タシゲンです。

ボクは貯金ゼロから1年で100万円の貯金に成功しました。

貯金はちょっとしたコツをつかめば、だれにでもできます。

この記事では、貯金ゼロだったボクでも「貯金に成功した4つのコツ」を紹介します。

※かんたんで効果の出やすい節約術については『【初心者向け】節約は何から?そんなあなたにおすすめ節約アイデア6選!』にまとめています。

スポンサーリンク

①貯金する目的をハッキリさせる

貯金する目的をハッキリさせる
タシゲンくん
タシゲンくん

あなたは何のために貯金したいですか?

こう尋ねると、たいていの人は将来のためとかあいまいな回答をしてしまいます。

ただ「なんとなく」ではお金は貯まりません。

貯める目的をハッキリさせることが大切です。

10万円の一眼レフカメラ買いたい!

ハワイ旅行に行きたいから20万円貯めたい!

とか、目的は何でもいいんです。
「目的ありの貯金」と「目的なしの貯金」では、結果にハッキリとした違い出ます

具体的な目的を持つことで、目的がはげみとなり、貯金が続けられるようになり、結果が出ます。

タシゲンくん
タシゲンくん

貯金する理由を作ろう!
ボクは、1年で100万円を貯めることを目標に、月々どれくらい貯めればよいのか計画し、貯金に成功できました。

②固定費をカットする

固定費をカットする

まず最初に見直すべきは「固定費」です。

支出には大きく分けて2つあります。
「固定費」「変動費」です。

  • 固定費・・・家賃、携帯代、生命保険料など
  • 変動費・・・食費、光熱費など

貯金しようとすると多くの人が食費などの変動費を削ろうとします。
しかし、変動費を削って行けば、生活が苦しくなるだけ、効果がありません。

タシゲンくん
タシゲンくん

まずは「固定費」を見直そう!

ムダな固定費

□ LINEやSNSしかやらないケイタイ料金

□ ほとんど使わないアプリやサイトの月額料金

□ 保証内容も知らない高い生命保険料

□ いつも買っているからと毎月買う雑誌やマンガ

□ ほとんど行っていないスポーツジムの会費

□ 時間外でおろす時のATMの手数料

□ テレビ欄とチラシしか見ない新聞代

□ 意味のない飲み会代や帰りのタクシー代

□ 不健康なタバコやお酒などの嗜好品代

タシゲンくん
タシゲンくん

あなたにも思いあたる項目がありませんか?

ムダな固定費を見直すことで、大きな節約になります。

タシゲンくん
タシゲンくん

ボクは、ネット代とケイタイ代を同じケイタイ会社にすることで毎月の料金を安くし、不要なアプリやサイトの解約しました。
他にも新聞の購読をやめたり、生命保険を見直して、大幅な節約ができました。

あなたもぜひ、「固定費」を書き出して、ムダな固定費を見つけだし、安いものに変えたり、削ったりして、固定費をカットしてみてください。

③支出を「消費・浪費・投資」に分けて考える

支出を「消費・浪費・投資」に分けて考える
タシゲンくん
タシゲンくん

あなたはお金をどんなものに使っているか分かってますか?

お金の使い道を「消費・浪費・投資」の3パターンに分けて、見えるようにすることが大切です。

  • 消費→生活に必要なもの
    例:食費、家賃、光熱費、教育費、洋服代、交通費など
  • 浪費→生活に必要のないもの→ムダ使い
    例:嗜好品(タバコ、お酒など)、ぜいたくな外食や多すぎる飲み代など
  • 投資→必ず生活に必要ではない→将来の自分にとって有益なもの
    例:習いごと、本代、貯蓄、投資信託など

お金を使うときは、この3つのどのパターンに当てはまるの考えながら使うようにしてください。

貯金するためにはこの「浪費」の部分を減らすことです。
そのために自分のお金の使い道を見えるようにしましょう。

レシート

3つの箱や袋を用意して、「消費」、「浪費」、「投資」と分けて、レシートを中に入れていきます。

そして、1ヵ月後にそれぞれを合計し、収入で割って、100をかけて、それぞれの割合を計算しましょう。

「消費・浪費・投資」÷「収入」×100

タシゲンくん
タシゲンくん

理想の割合は、「消費70%・浪費5%・25%」です。

例えば、浪費の合計が3万円で収入が20万円だった場合、3÷20×100=15%になります。
これだと10%も浪費がオーバー、あきらかに使いすぎ。

このようにお金の使い道を見えるようにすることで、浪費にお金を使いすぎてることに気づき、減らすことができます。

ムダ使いと気づいたら、「投資」に変えよう

タシゲンくん
タシゲンくん

ボクは、惰性で毎月購入していたファッション誌、行っていなかったスポーツジムをやめて、浮いた分のお金を仕事の幅を広げるために始めたプログラミング学習の教材費にあてました。

このように3つに分けて分かったお金の使い道を、毎日意識することが大切。

それが貯金を成功にみちびく最大のコツです。

④目標を設定して「先取り貯金」

目標を設定して「先取り貯金」
タシゲンくん
タシゲンくん

あなたは「毎月貯金しようと思ってるのにできない!」と思ってませんか?

毎月残った分を貯金しようと思っていたら、いつまでたっても貯金できません。

「先取り貯金」じゃないと貯まりませんよ。

収入の2割を目標に無理のない額から先に貯金しましょう。
そして、残った分で生活をやりくりすることが、確実に貯金するコツです。

タシゲンくん
タシゲンくん

ボクは、貯金用の口座を作って、そこに先取り貯金していきました。

貯金が苦手な人は「自動積立定期預金」しよう

どうしても貯金ができない、苦手だという人は自動振替で強制的に貯金することをおすすめします。
給与振込の銀行で「自動積立定期預金」しましょう。

自動積立定期預金とは

毎月自動的に、決まった日に決まった金額が、普通預金から積立定期預金に貯まっていきます。
積立期間は任意に決めることができます。 
毎月の最低積立額は5000円以上からなど、銀行により異なります。

まとめ

貯金ゼロ主夫だったボクが「年間100万円の貯金に成功した4つのコツ」を紹介していきました。

タシゲンくん
タシゲンくん

僕もまだまだ未熟な主夫ですが、この4つのコツで貯金ができる貯金体質になりました。
無理のない範囲で、できることから取り入れてみてくださいね。
一緒にがんばりましょう!

※かんたんで効果の出やすい節約術については『【初心者向け】節約は何から?そんなあなたにおすすめ節約アイデア6選!』にまとめています。

タイトルとURLをコピーしました