あさイチで紹介「今どきの学習マンガ」はこちら ≫

瞑想の中で最も効果のある【慈悲の瞑想】のやり方とコツ

瞑想の中で最も効果のある【慈悲の瞑想】のやり方とコツヨガ・瞑想
スポンサーリンク

どーも、毎日瞑想を欠かさないタシゲンです。

最近、ストレスから仕事や家庭でイライラすることって、ありませんか?

またはストレスを感じて、心が疲れてませんか?

ボクも会社員時代は、ストレスからいつもイライラしていました。

そんな人には、「慈悲の瞑想」を行うことで、心に余裕が生まれ、穏やかな気持ちになれ、心まで癒してくれますよ。

「慈悲?」「瞑想?」といっても全然怪しくないですよ!\(´∀`)

Googleの社員さんたちも行なってますし、メンタリストDaiGoさんもおすすめしてるのが「慈悲の瞑想」です。

今回はすべての瞑想の中で最も効果がある「慈悲の瞑想」のやり方とコツを解説します。

スポンサーリンク

慈悲の瞑想とは?

慈悲の瞑想とは?

「慈悲の瞑想」とは、自分の幸せはもちろん、生きとし生けるものすべての生物の幸せを願いながら行う瞑想法のことです。

慈悲の瞑想の効果

「慈悲の瞑想」は、すべての瞑想の中でも最も効果があると言われ、下記のように科学的にもとっても効果があることが証明されてますよ。

2013年にバーバラ・フレデリクソン博士は、慈悲の瞑想を7週間続けるとどうなるかを実験してみました。すると、ポジティブ感情が増大してうつ病の症状が軽くなったり、迷走神経の働きがよくなることがわかったのです。迷走神経が刺激されるとストレスに強くなるため、ストレスも軽減します。
偏頭痛や肩痛といった慢性病の痛みが軽減したり、脳の灰白質が分厚くなって脳が発達するなのど効果があることも分かりました。

メンタリスト DaiGo「ストレスを操るメンタル強化術 」より引用

しかも、「慈悲の瞑想」は1日10〜15分やるだけで効果を得ることができます。

慈悲の瞑想はこんな人におすすめ

  • 心が疲れている人
  • イライラすることが多い人
  • 最近、怒りっぽくなったと感じる人
  • メンタルを強くしたい人
  • ストレスや不安を感じている人
  • 最近、元気がなくて、やる気が出ない人
  • ポジティブになりたい人

こういった悩みを感じている人には、とくに「慈悲の瞑想」がおすすめですよ。

「慈悲の瞑想」を行えば、イライラやストレスが消え、人に対してやさしくなることができます。

それでは、「慈悲の瞑想」について、やり方とコツを解説していきましょう。

慈悲の瞑想の具体的なやり方

慈悲の瞑想の具体的なやり方
  1. リラックスして、クッションなどを敷き、あぐらをかいて座る
  2. 背筋を伸ばして、目を閉じる
  3. ゆっくりと鼻呼吸で、自分の呼吸を意識する
  4. 心の中または声に出して、慈悲の瞑想の言葉を唱える
  5. 唱え終わったら、深い呼吸を2回行う
  6. ゆっくりと目を開ける

慈悲の瞑想では、心の中または声に出して、下記のような言葉をゆっくりと唱えなければいけません。

わたしが幸せでありますように
わたしの悩みや苦しみがなくなりますように
わたしの夢や願いが叶えられますように
わたしが幸せでありますように
幸せでありますように
幸せでありますように

わたしの大切な人が幸せでありますように
わたしの大切な人の悩みや苦しみがなくなりますように
わたしの大切な人の夢や願いが叶えられますように
わたしの大切な人が幸せでありますように
幸せでありますように
幸せでありますように

わたしの親しい人たちが幸せでありますように
わたしの親しい人たちの悩みや苦しみがなくなりますように
わたしの親しい人たちの夢や願いが叶えられますように
わたしの親しい人たちが幸せでありますように
幸せでありますように
幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩みや苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの夢や願いが叶えられますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
幸せでありますように
幸せでありますように

「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」より引用
タシゲンくん
タシゲンくん

こんなの長すぎるよ!めんどくさい!

という人には、短いバージョンもありますよ。その場合は、自分の幸せを願います。

わたしが幸せでありますように
わたしの悩みや苦しみがなくなりますように
わたしの夢や願いが叶えられますように
わたしが幸せでありますように
幸せでありますように
幸せでありますように

「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」より引用

この短いバージョンでも繰り返し唱えることで、長いバージョンと同じくらいの効果がありますよ。

慈悲の瞑想のコツ

慈悲の瞑想のコツは、

  • 呼吸は、リラックして、ゆっくりと吸って、ゆっくりと吐く。
  • 心の中で唱えてもいいが、できれば声に出して唱える
  • ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐きながら言葉を唱える
  • 言葉を唱える前に自分の大切な人、親しい人を思い浮かべる
  • できるだけ朝、慈悲の瞑想を行うと継続しやすく、効果が出やすい

慈悲の瞑想のデメリット

慈悲の瞑想は、自分の感情をコントロールしたり、やる気を出すといった効果は高いです。

でも、慈悲の瞑想中にネガティブな思考が浮かびやすいというデメリットもあります。

ネガティブな人やうつっぽい人は、まずはかんたんな呼吸に意識する瞑想から行って、瞑想に慣れてきたら、慈悲の瞑想にチャレンジしてくださいね。

※簡単にできる瞑想法については『瞑想の簡単なやり方とコツをまとめてみた!【3分でもOK!】』にまとめています。

まとめ:慈悲の瞑想は短期間で効果アリ

まとめ:慈悲の瞑想は短期間で効果アリ

ということで、今回は「慈悲の瞑想」のやり方とコツを解説してきました。

ボクも最初は慈悲の瞑想って、全ての生物の幸せを願うなんて、なんか偽善者っぽいとか、うさんくさいとか思ってました。

でも、ハッキリとしたメンタルの安定の効果を実感できています。

慈悲の瞑想は短時間で効果が出るし、やる気を高めてくれ、感情のコントロールが上手くできるようになりますよ。

心がお疲れ気味の方は、ぜひ「慈悲の瞑想」をやってみてください。

タシゲンくん
タシゲンくん

「慈悲の瞑想」試してみて!おすすめ。

※簡単にできる瞑想法については『瞑想の簡単なやり方とコツをまとめてみた!【3分でもOK!】』にまとめています。

※最強の瞑想法「歩行瞑想」については『【歩行瞑想】メンタリストDaiGoの年収が8.1倍になった最強瞑想法【やり方解説】』にまとめています。

タイトルとURLをコピーしました