あさイチで紹介「今どきの学習マンガ」はこちら ≫

【厳選4冊】眠れる本【不眠症のボクが眠れるようになった本の紹介】

【厳選4冊】眠れる本【不眠症のボクが眠れるようになった本の紹介】ライフハック
スポンサーリンク

こんにちは、タシゲンです。

寝つきが悪い、朝起きられない、どうも寝た気がしない、など睡眠の悩みを抱えている方も多いのでは。

日本人のおよそ8割は、自分の睡眠に不満を感じているといわれています。

ボクはストレスから3日間、一睡もできなくなり、不眠症になりました。

不眠症になって、さまざまな方法を試してきたので、

今回は不眠症のボクでも眠れるようになった本を厳選して4冊だけご紹介します。

スポンサーリンク

実践すると眠れるようになる本【2冊】

実践すると眠れるようになる本【2冊】

不眠症になって、睡眠に関する本を大量に読み漁りましたが、実際に試して効果のあったのは、2冊だけです。

それは次の2冊です。

自分でできる「不眠」克服ワークブック:短期睡眠行動療法自習帳

この本は、「4週間でやり方を学び、次の4週間でそれを続ける」という自分で自分の不眠を治療する画期的なワークブックとなっています。

簡単にいうと、睡眠日記をつけて、寝る時間と起きる時間を決め、15分以上寝れなかったら寝室を出るという睡眠時間を制限するやり方です。

最初の1〜2週間は、寝室とリビングを行ったり来たりで、睡眠時間が短くなり、かなりキツイです。

ただ、3週目以降からは目覚める回数も減って、だんだんと眠れるようになり、薬の量も減らせるようになりました。

「眠ろうとして頑張らない」、「今晩はよく眠れなくても、明日はもっとよく眠れます」といった言葉にはとっても救われました。

最初の1~2週は睡眠時間が減って、ツライですが、そこを乗り越えることができれば、そのツライ日々と引き換えに薬に頼らなくても眠れるという大きなリターンが待っています。

ぜひ、読んで試してしてみてください。

睡眠を整える 健康と仕事に効く眠り方

この本では、ぐっすり眠れるようになる食事や寝室の環境、生活習慣改善の方法が書かれています。

とくに効果的だったのは、「眠りに関係ないモノを寝室に持ちこまい」ということ。

目覚ましい時計やスマホ、本やテレビなど、眠りに関係ないものは全て寝室から排除します。

ボクは睡眠の途中に目が覚めることが多かったんですが、眠りに関係ないモノを排除してから、中途覚醒が格段に減りましたよ。

詳しい理由はこの本に書かれていますので読んで欲しいんですが、無意識のうちに眠りに関係ないモノに注意が向き、目が覚めていたんだと思います。

目覚ましい時計まで排除してまうと、起きられないと思われる方も多いと思いますが、寝る前に起きる時間を頭の中で3回唱えると、その時間に起きることができるんです。

だまされたと思って、試してみて!

読んだら眠くなる本【2冊】

読んだら眠くなる本【2冊】

これから紹介する本は眠れるようになる本ではなく、読んだら眠くなる本です。

それは次の2冊です。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

言わずと知れたビジネス書の名著ですが、これ読んだら必ず眠くなります(笑)

翻訳本の独特の変な日本語の言い回しと長たらしい文章が全くと言っていいほど頭に入ってこず、そのうち飽きて、途中でコクリコクリと寝てしまいます。

別に「7つの習慣」でなくても難しい哲学書など読んで、寝る前を徹底的につまらなくすれば、眠たくなりますよ。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の代表的な長編小説です。

これを読んで眠くなるというわけではありませんが、純文学をゆっくり読むと、ストレスを減らすことができるんですよ。

ストレスが減れば、よく眠れますよね。

イギリスのサセックス大学の研究によると、読書する人は、しない人に比べて、ストレスが68パーセントも低下するという結果が出ました。

メンタリスト DaiGo「ストレスを操るメンタル強化術 」より引用

ゆっくり30分かけて読むことがストレス軽減にはより効果的で、感情移入ができる純文学がオススメです。

眠れない人が本を読みつつ、やったほうがいいこと

眠れない人が本を読みつつやったほうがいいこと

本を読んで試しつつ、次の3つをやったほうがよく眠れるかもしれません。

  • これがあると眠れるというお守りをもつ
  • 寝る前にその日あった嫌だったことを書き出す
  • 夜になったらスマホ、パソコンは見ない
タシゲンくん
タシゲンくん

順番にみていきましょう!

これがあると眠れるというお守りをもつ

これがあれば眠れるというお守りみたいなものを持ちましょう。

たとえば、お気に入りのぬいぐるみや大好きな写真など。

寝る前にそれらを見たり、触ったりするだけで気持ちがリラックスして、眠りに入りやすくなりますよ。

ボクは変わってますが、GABAの入ったチョコレートを4粒、寝る前に食べるとよく眠れます。
GABAには睡眠効果はありませんので、完全なるプラシーボ効果。
それでも薬を飲むよりは安上がりで、健康的で、なぜか眠れるので、続けてます(笑)

寝る前にその日あった嫌だったことを書き出す

寝る前にその日あった嫌なことを書き出せば、ストレス解消になります。

ネガティブな考えを引きずったままでは、ぐっすり眠ることはできません。

紙にネガティブな感情を全て吐き出してしまいましょう。

夜になったらスマホ、パソコンは見ない

睡眠を妨げるもっとも悪い習慣が、寝る前のスマホです。

ディスプレイから出るまぶしい光(ブルーライト)は、脳の興奮度を高めるので、脳が昼間だと勘違いしてしまいますよ。

できれば、寝る2時間前からスマホやパソコンの画面は見ないようにしましょう。

まとめ:できるだけ寝ようとしないこと

まとめ:できるだけ寝ようとしないこと

ということで、今回は不眠症のボクでも眠れるようになった本を厳選して4冊ご紹介してきました。

眠れるようになるコツは、「できるだけ寝ようとしないこと」です。
寝よう、寝ようと、ムリに寝ようとすると、不安が大きなり、余計に寝れなくなります。

今日寝れなくても明日は寝れるだろうと気楽に考えましょう。
睡眠時間は2日間の平均で◯時間も寝れたよと考えると気が楽ですよ。

以上です。ぐっすり眠って良い夢を見てください。

タシゲンくん
タシゲンくん

おやすみなさい。

▼うつ病を克服したボクが助けられた本についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました