あさイチで紹介「今どきの学習マンガ」はこちら ≫

【Webサイト制作入門】Webサイトの仕組み【イラスト解説】

【Webサイト制作入門】Webサイトの仕組み【イラスト解説】Web
スポンサーリンク

どーも、毎日プログラミング学習中のタシゲンです。

さて、プログラミング学習を始めたいけど、何からしたらいいのか分からない…、そんな方のために、今回からWebサイト制作入門を始めます。

そもそも、あなたがいつも見ているWebサイトは、どのような仕組みで公開されているのか分かりますか?

はじめにあなたがいつも見ているWebサイトがどのように公開されてるのかをみていきましょう。

タシゲンくん
タシゲンくん

それではWebサイトの仕組みを勉強していきましょう。

スポンサーリンク

インターネットとは?

インターネットとは?

インターネットとは、世界中のコンピューター同士をつなげて、いろいろな情報をやり取りをする仕組みのことです。

たとえば、インターネットを使えば、パソコンやスマホでWebサイトを見たり、メールを受け取ったりができます。

タシゲンくん
タシゲンくん

コンピューター同士のつながりが「インターネット」

Webとは?

Webとは?

Webとは、インターネットを使って、Webサイトを公開したり、見たりする仕組みのことです。

インターネットにはメールやファイルの転送などいろいろな機能があり、Webはインターネットのたくさんある機能のうちの1つ。

あなたが今見ているこのサイトが「Web」です。

Webの正式な名前は、「World Wide Web(世界に広がるクモの巣)」と言い、そのつながる形がクモの巣を思わせることから、名付けられました。

タシゲンくん
タシゲンくん

「インターネットの中にWebがある」感じ。

Webページの仕組み

Webページの仕組み

Webページを見るのに必要なものが、「Webサーバー」と「Webクライアント」です。

Webサーバーは、Web上で情報を公開しているソフトウェアやコンピュータのこと。

Webクライアントは、Webサーバーから情報を受け取る方のこと。あなたが使ってるパソコンやスマホになります。

Webクライアントが欲しいWebページの「リクエスト」をして、Webサーバーがそれに「レスポンス(応答)」することでユーザーはWebページを見ることができます。

たとえば、あなたがパソコンからGoogleのサイトを見るとき、Webサーバーに「Googleのサイトを見せて!」とリクエストが送られています。

Webサーバーは、それに対して「Googleのサイトですね。こちらですよ。」とレスポンスし、あなたにページが表示されるわけです。

タシゲンくん
タシゲンくん

ちょっと難しかったかな。
こんな感じかぁって頭に入れとこう。

URLとは?

URLとは?

URL(ユーアールエル)は、「https://tashigen.com/sample/index.html」のように書かれ、見たいWebサイトがどこにあるかを表している「住所」のようなものです。

WebブラウザでURLを入力することで、みんながWebサイトにアクセスできるようになります。

でも、このURLを毎回入力して、Webサイトを見るのはとっても大変。

そこで、Webページの中のテキストや画像などにURLを入れて、そのテキストなどをクリックすると別のWebサイトを見ることができます。

これを「ハイパーリンク(またはリンク)」と呼び、URLを入力することなく、簡単にWebサイト間を移動できるようになっています。

タシゲンくん
タシゲンくん

URLは住所みたいなもの。

まとめ

とういうわけで、今回はWebサイトは、どのような仕組みで公開されているのかを見てきました。

まとめ
  • インターネットは、コンピューター同士をつなげて、情報をやり取りをする仕組み
  • Webは、インターネットを使って、Webサイトを公開したり、見たりする仕組み
  • Webクライアントが欲しいWebページのリクエストをして、WebサーバーがそれにレスポンスすることでユーザーはWebページを見ることができる
  • URLは、見たいWebサイトがどこにあるかを表している住所
タシゲンくん
タシゲンくん

Webサイトの仕組みは分かったかな?
それじゃあ、またね。バイバイ。

タイトルとURLをコピーしました